一年中、人の絶えることのない世界文化遺産、「日光の社寺」。
東照宮と二荒山神社、輪王寺を合わせて通称、二社一寺(にしゃいちじ)と呼んでいますが、大小100余もの歴史建造物とそれらが建立されている景観が世界遺産として登録されています。
そして、日光にはもうひとつの楽しみ方があります。それは世界遺産に指定されている建物と建物を結ぶ、細道の旅です。苔むした石塀に沿って歩いてみると、これがあの絢爛豪華な二社一寺の敷地内なの? と錯覚するくらい心休まる空間が広がっています。
東照宮が人で溢れている季節であっても廻りを取り巻く細道はひっそりしていて、きっと得した気分になれることでしょう。

tosyogu-063.JPG